さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

【お赤飯をおめでたい席で食べる理由って?】お赤飯って赤ちゃんも食べていいの?

 

こんにちは、さくら婆です。

 

皆様は、お赤飯はお好きですか?

 

【お赤飯をおめでたい席で食べる理由って?】お赤飯って赤ちゃんも食べていいの?:chiefukuro.com:20160114122340j:plain

さくら婆は、子供の頃からお赤飯はご馳走でしたので、今でもその名残でお赤飯は大好物ですよ。

 

そんなお赤飯ですが、なんでおめでたい席で食べるのかご存じでしょうか?

 

おめでたい席で、お赤飯を食べる理由についてみていきましょう。

お赤飯ってどうしておめでたい席で食べるの?

 

お赤飯を食べるのは、結婚式だったり、受験に合格した時だったりと、何かのお祝いの席ですよね?

 

女の子の初潮が始まった時などにもお赤飯を炊きますが、お赤飯は多くの場合、おめでたい席に付もものです。

 

理由としては、昔から「赤」という色は、邪気を寄せ付けない色だとされているからなんです。

 

また、邪気を払い厄除けをするという意味で、お赤飯は食べられています。

 

神社も、赤い色が使われてたりしますよね?

 

赤と言う色は、開運に縁起が良い色なんですね!(^^)!

 

【お赤飯をおめでたい席で食べる理由って?】お赤飯って赤ちゃんも食べていいの?:chiefukuro.com:20160114122332j:plain

地域によっては法事やお葬式でもお赤飯を食べるの?

 

お赤飯は、基本的におめでたい席で食べるものですが、地域によっては法事やお葬式などでも食べられています。

 

お葬式や法事で食べるのにも理由があり、邪気を返して福とすると言う縁起直しの意味を込めて食べられてるんです。

 

いずれにしても、縁起物だという事ですね。

 

お赤飯を食べる日っていつ?

 

お赤飯を食べる節句を解説していきます。

 

お赤飯を食べるのは、おめでたい日、そして縁起直しの日に食べるとされています。

 

お赤飯を食べる節句
  • 1月 元旦、成人の日
  • 2月 3日節分
  • 3月 3日ひなまつり「桃の節句」、お彼岸のお供え
  • 5月 5日子供の日「端午の節句」、母の日
  • 6月 父の日
  • 8月 お盆
  • 9月 敬老の日、お彼岸
  • 11月 七五三、23日の「お赤飯の日」
  • 12月 31日大晦日

 

基本的に、これらの季節の行事の日には、お赤飯を食べると良いとされています。

 

また、その他のお祝いの席では以下の席でお赤飯が食べられています。

 

お赤飯を食べるお祝いの席(行事)
  • 帯祝い
  • 出産祝い
  • 誕生祝い
  • 初節句
  • 七五三
  • 入学・卒業祝い
  • 就職祝い
  • 成人祝い
  • 上棟式賀の祝い
  • 還暦祝い(60歳)
  • 古稀祝い(70歳)
  • 喜寿祝い(77歳)
  • 米寿祝い(88歳)
  • 白寿祝い(99歳)

 

ですね。

 

そのほかにも、家族の間で何かしらおめでたい事があった場合は、お赤飯を炊いたりします。

 

おめでたい事がある度、お赤飯は何度食べても良いものなんですね!(^^)!

 

【お赤飯をおめでたい席で食べる理由って?】お赤飯って赤ちゃんも食べていいの?:chiefukuro.com:20160114122314j:plain

お赤飯は赤ちゃんや高齢者も食べていいの?

 

お赤飯と言うと、もち米で作るので赤ちゃんや高齢者も食べていいのかどうか、気になる所ですね。

 

赤ちゃんに関しては、一般的には歯が生えそろってからが良いとされています。

 

もち米なので、消化が良いものでもありません。

 

そのため、歯がきちんと生えそろい、噛めるようになってからが望ましいでしょう。

 

どうしても、という場合には、もち米ではなく白米でお赤飯を炊くと言う方法もありですね。

 

高齢者の方の場合も、消化の力などが落ちてくるため軟らかく炊いたものが良いとされています。

 

食べるなら少量にするなど、工夫が必要でしょう。

 

お赤飯の小豆をささげ豆で炊く地域も多い理由は?

 

お赤飯と言えば、小豆で炊くのが一般的です。

 

しかしながら、ささげ豆で炊く地域も多かったりするんです。

 

なんでささげ豆でお赤飯を炊くのでしょうか。

 

お赤飯は、江戸の昔から食べられてたもので、小豆の皮と言うのは破れやすいものなので、皮が破れると言うのは、刀で切られる事にも繋がるとして敬遠されたりしてました。

 

そのため、皮が丈夫なささげ豆が使われるようになったそうです。

 

ささげ豆は、小豆ととても似てるためです。

 

【お赤飯をおめでたい席で食べる理由って?】お赤飯って赤ちゃんも食べていいの?:chiefukuro.com:20160114122301j:plain

北海道のお赤飯は甘納豆なの?

 

本来小豆で炊くはずのお赤飯ですが、北海道では甘納豆で炊いたりするそうです。

 

甘納豆でお赤飯と言うと、なんとなく不思議な感じがしますが(^_^;)

 

北海道の方たちにとっては、普通の事だそうです。

 

北海道は、結構何にでも砂糖を入れる文化があるようですね。

 

また、甘納豆は小豆よりも処理が簡単で、お赤飯を作りやすいという理由から、北海道のお赤飯には甘納豆が使われてるそうですよ。

 

さくら婆も、ものぐさなので次にお赤飯を炊く時は、甘納豆を使ってみようかと思います。

 

おめでたい席、季節の行事などでお赤飯を食べて、邪気払いをして良い気を寄せ付けちゃいましょう。