さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

ペットボトルのお茶に発がん性物質が!?ペットボトルのお茶は体に悪いと言われる理由

 

こんにちは、さくら婆です。

ペットボトルのお茶に発がん性物質が!?ペットボトルのお茶は体に悪いと言われる理由

皆様はペットボトルのお茶を飲まれますか?

 

さくら婆は、ある時からペットボトルのお茶を飲ま無くなりました。

 

ペットボトルのお茶には、発ガン性の物質も含まれている場合があると言う事についてご紹介していきます。

 

ペットボトルのお茶を飲む人が増えた理由

 

昔は、多くの人たちが急須に緑茶の葉っぱを入れてお茶を飲んでたものです。

 

それがいつの頃からか、ペットボトルに入った緑茶などが売り出されるようになり、ここ最近では急須でお茶を入れる方と言うのは本当に減ったようですね。

 

夏なんて特に、近所のコンビニエンスストアに行けば冷たい緑茶などがすぐに手に入ります。

 

清涼飲料水の甘いジュースなどを飲むのは体に良くないと言うことで、お茶を飲む方が増えたとも言われています。

 

しかしながら、清涼飲料水ももちろんあまり良いものではありませんが、ペットボトルのお茶もあまり体に良くない場合もあるのです。

 

ペットボトルのお茶は体に悪いの?

ペットボトルのお茶に発がん性物質が!?ペットボトルのお茶は体に悪いと言われる理由

さくら婆も、はじめはペットボトルのお茶が体に悪いだなんて。と思ってました。

 

でも、調べて行くうちに、色々な事実を知ることとなるのです。

 

もちろん、すべてのペットボトルのお茶が悪いとは限りません。

 

どういうことかというと、ペットボトルのお茶には、必ずビタミンCが含まれています。

 

ペットボトルのお茶の裏面を見たことがあると言う方は、ビタミンCと言う書かれているのをご存じのはずです。

 

このお茶に含まれているビタミンCとは、天然のビタミンCではなく、作られたビタミンCだということです。

 

なんでお茶にビタミンCを入れるのかと言うと、緑茶の葉っぱにはビタミンCが含まれてますが、ペットボトルのお茶を作成する過程でそれが失われてしまうためです。

 

そのために、ビタミンCを添加するなどと説明されています。

 

ただしそれだけではなく、酸化防止や、緑茶の変色防止等のためにビタミンCは入れられているのです。

 

緑茶に入っているビタミンCとは、人工のビタミンCであるL-アスコルビン酸です。

 

お肉等の変色防止に使われるものですね。

 

またパックに入って売られているジュース褐色防止にも使われています。

 

L-アスコルビン酸は、合成のビタミンCであり、添加物に他ならないのです。

 

摂取量が定められている人口のビタミンCであるL-アスコルビン酸

 

WHO世界保健機関によると、L-アスコルビン酸の1日の摂取量は体重1キロに対して0.25グラムまでと決められています。

 

つまりそれはどういうことかと言うと、緑茶のペットボトル1本飲むと、それに達してしまうと言う事なんだそうです。

 

L-アスコルビン酸は何が悪いのかと言うと、癌細胞を作る原因にもなる活性酸素を大量に発生させるものだからです。

 

緑茶が活性酸素を発生させるだなんてまさか思わないですよね。

 

お茶は体にいいと思って、飲む方がほとんどです。

 

水を選ぶよりも、お茶を選んだ方が体に良いと思ってる方もかなり多いはずです。

 

そんなお茶から活性酸素を発生させてしまうだなんて、夢にも思わずでした(*_*)

 

健康を考えるなら飲むお茶は選ぶべき

 

もちろん、きちんと急須で入れたお茶は体に良いものです。

 

いろいろな効能が含まれています。

 

免疫力をアップしてくれたり、殺菌効果があったり、コレステロールを低下させてくれたり、色々な効能があります。

 

緑茶などには、様々な効能があるのは多くの方々に知られていることです。

 

ただし、ペットボトルボトルの作られたお茶になってしまうと、むしろ体に悪いお茶と言うことにもなりかねないのです。

 

ちなみに茶葉から入れるお茶に関しても、茶葉に農薬や化学物質が添付されていたら全く意味がありません。

 

茶葉を選ぶ際にも、オーガニックの茶葉を選ぶべきだとさくら婆は思っています。

 

健康にお金をかけるか病気にお金をかけるかという選択肢

 

もちろん、オーガニックの茶葉となると高額になってきます。

 

何もオーガニックじゃなく作られた茶葉に比べて2倍3倍するかもしれません。

 

それでも、後々病気になったときの体への負担や、病院代などを考えると全く安くつくのではないでしょうか。

 

さくら婆も、病気になる前はそんな事は一切考えてませんでした。

 

人は、健康を失ってからじゃないと健康のありがたみに気づかないものです。

 

これを読んでくださっている方には、せっかくのご縁なので病気にはなって欲しくないと思ってます。

 

そのため、さくら婆が良いと思った商品を積極的にご紹介させていただいてます。

 

いろいろ勉強してますが、まだまだ追いついていません。

 

ただ今回は、ペットボトルの茶葉を飲んでる方がさくら婆の周りに多すぎたので、色々とご紹介させていただきました。

 

今現在ペットボトルのお茶に含まれているL-アスコルビン酸は中国製の質が悪すぎるものなども多く使われています。

 

どのお茶が良くてどのお茶が悪いのか、ぱっと見ではわからないですよね。

 

だったら、自らペットボトルのお茶を選ばない選択をするのが1番健康守る方法ですよね。

 

さくら婆が今現在飲んでるお茶は、美甘冷茶(びかんれいちゃ)と言うお茶です。

 

ダイエットに良いと言うことで飲み始めたお茶ですが、天然のお茶でとっても気にいってます。

 

さくら婆の飲んでる美甘麗茶に関しては、下記の記事を参照されてみてください。

そのようにオーガニックの体に良いお茶などもいろいろありますし、お茶屋さんに行けば天然のお茶に出会うこともできます。

 

色々試してみてお好みのお茶を見つけて、水筒に入れて持ち歩くことで、体にも良い生活ができるはずです。

 

健康第一で生きて行きたいものですね(#^.^#)

スポンサーリンク