さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

八十八夜の思い出!八十八夜の新茶を母の日にプレゼントすると喜ばれる理由

 

こんにちは、さくら婆です。

 

八十八夜の思い出!八十八夜の新茶を母の日にプレゼントすると喜ばれる理由:chiefukuro.com:20160425155103j:plain

そろそろゴールデンウィークですが、ゴールデンウィークといえば八十八夜ですね。

 

八十八夜について、また八十八夜の新茶についてご紹介していきます。

 

八十八夜ってどんな日なの?

 

2016年の八十八夜は、5月1日です。

 

八十八夜って毎年変わるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

そうなんです。八十八夜は毎年変わるのです。

 

なぜなら、八十八夜とは立春から88日目の日のことを言うからです。

 

だいたい毎年、5月1日から5月3日ぐらいまでの間に訪れますね。

 

ところで、八十八夜と言えばさくら婆世代では当然の日なのですが、今の子たちは八十八夜を知らないようですね。

 

八十八夜の吟唄をごぞんじですか?

 

八十八夜といえば夏も近づく八十八夜のお馴染みの文部省吟唄ですよね。

 

結構好きな歌で、歌ってた人も結構多かったですよ。

 

でも、先日孫に聞いてみたら「そんな歌知らないよばあちゃん」て言われました。

 

今の子たちは、この歌を習わないのでしょうか?

 

うちの娘世代でしたら、習ってましたけどね。

 

八十八夜はとっても縁起が良い日

 

それはさておき、八十八夜は、とっても縁起の良い日だということをご存知でしょうか?

 

夏に向けて農業を始める日でもあり、とっても良い日なんですよ。

 

冬に向かっていくと言うよりも夏に向かって行く日の方が気力もみなぎり、エネルギーが溢れている感じがしますよね(#^.^#)

 

これから農業始めるぞと言う日なので、気合が入る日でもありますね。

 

八十八夜と言えば茶摘みの日

八十八夜の思い出!八十八夜の新茶を母の日にプレゼントすると喜ばれる理由:chiefukuro.com:20160425155114j:plain

さて、八十八夜と言えば先程の夏も近づく八十八夜にあったように、茶摘みの日ですね。

 

大体八十八夜前後位に茶摘みが行われているんですよ。

 

もちろんこの日に限らずですが、この時期のお茶はとってもおいしいですよね。

 

この時期の新茶は、新芽を手で積んでるため、上質な手摘み茶を飲むことができるんです。

 

その後は、機械で摘んだりするようになりますね。

 

八十八夜の新茶は縁起物

 

また、さくら婆世代の人たちならご存知かもしれませんが、八十八夜に摘み取られたお茶は、不老長寿の縁起物の新茶として重宝されているんですよ。

 

この時期のお茶は、手摘み茶でもあり茶摘みの最盛期に積まれたお茶なので、とってもおいしい極上のお茶を飲むことができるのです。

 

八十八夜の新茶の思い出

 

そんな縁起ものでもある不老長寿のお茶を、母の日のプレゼントに娘にもらったことがあります。

 

最高の母の日のプレゼントで、かなり感激のプレゼントでした。

 

癌を患った後だったのでなおさらかもしれませんね。

 

この時期の新茶は、ちょっと高級品として販売されてますが、毎年手摘み茶を飲んで、不老長寿になってみたいものですね。

 

もし、母の日のプレゼントを何にしようか迷ってると言う方がいらっしゃいましたら、手摘み茶はかなりオススメですよ。

 

八十八夜に摘み取られたお茶だよと言うことで母の日にプレゼントしてみてください。

 

感激されるはずですよ。

さくら婆オススメのまるとう農園の新茶