さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

6月12日は恋人の日!恋人の日に行うと良いとされる習慣とは?

 

こんにちは、さくら婆です。

6月12日は恋人の日!恋人の日に行うと良いとされる習慣とは?:chiefukuro.com

6月12日はなんと恋人の日だそうです。

 

恋人の日だなんてロマンチックですね。なんで恋人の日になったのかご紹介していきます。

 

6月12日は何で恋人の日になったの?

 

6月といえば、ジューンブライドがあったり、恋に縁がある季節ですね。

 

ジューンブライドはあまりにも有名ですが、恋人の日はそんなに知られているわけではありませんね。

 

ジューンブライドについては、以下の記事をご参照ください。

 

そんな恋人の日ですが、なんともともとはブラジルのイベントだったそうですよ。

 

縁結びの神様である聖アントニオにちなんだイベントで、ブラジルの人たちにとってはかなり重要な日のようですね。

 

恋人の日は全国額縁組合連合会により制定

 

1988年に、全国額縁組合連合会により制定されたのが恋人の日です。

 

額縁組合連合会?と思いますよね。

 

なんで額縁連合会なのかと言うと、これがまたなかなか面白いのです。

 

ブラジルでは、1952年にサンパウロ商業協会が6月12日を恋人の日として定めました。

 

そしてブラジルの年中行事として恋人の日はブラジル市民の間で定着しました。

 

恋人の日は何をする日かと言うと、家族や友人や恋人同士で親交を深めるために、フォトフレームを送り合う習慣があったのです。

 

フォトフレームを送り合うだなんて素敵ですね(#^.^#)

 

フォトフレームを送り合う恋人の日

6月12日は恋人の日!恋人の日に行うと良いとされる習慣とは?:chiefukuro.com

フォトフレームと言えば額縁ですよね。

 

さくら婆世代では額縁と言いますね。

 

今の若い子たちは、フォトフレームと言う名前しか知らないかもしれませんね(^^;)

 

そんなわけで、全国額縁組合連合会が恋人の日を定めたんですね。

 

ブラジルから伝わった恋人の日ですが、日本でも恋人の日に額縁に入れた写真を送りあってみてはいかがでしょうか?

 

ここ最近あまりうまくいっていないという恋人同士の方も、仲が良かった時の2人の写真を入れて贈ってみるとか、色々な写真を混ぜ合わせてみるとか。

 

コラージュと言うようですね?

 

そんな写真を送ることで、あの頃の気持ちが蘇るかもしれませんね。

 

フォトフレームは、今ではかなり素敵なフォトフレームも販売されています。

 

どうせなら、自分で世界に一つしかないフォトフレームをデコレートして作ってみるというのも良いのではないでしょうか?

 

海が思い出の場所であれば、フォトフレームに貝殻をつけてみるとか、色々できるはずです。

 

作るという行為もなかなか面白いですよね。

 

さくら婆も、孫と一緒に作ってみようかと思ってます。

 

世界に一つだけのフォトフレームは、絶対に喜ばれるはずですよ。

 

いずれにしても、恋人たちの仲が進展するきっかけになるかもしれませんね(#^.^#)