さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

日焼け後の対処方法!実は日焼けの後のアフターケアが重要?

 

こんにちは、さくら婆です。

日焼け後の対処方法!実は日焼けの後のアフターケアが重要?:chiefukuro.com:

さくら婆は、今年の夏は焼けないと決めましたが、どうしても日焼けをしてしまう事ってありますよね。

 

そんな日焼けをしてしまった後のアフターケアについて、ご紹介していきます。

 

日焼けをするつもりがなくても日焼けはしてしまう

 

日焼けするつもりなくても、外は暑くて炎天下だった。知らず知らずの内に日焼けしてしまった…そんなこともあるかも知れませんね。

 

ちなみに、2016年夏は「飲む日焼け止め」が良いですよ。

 

飲む日焼け止めで、連日40度のバンコクに5日間いましたが全く日焼けせずに過ごすことができました。

 

飲む日焼け止めについての記事は、以下の記事を参照してみてください。

思いがけずに日焼けしてしまった時の対処法

日焼け後の対処方法!実は日焼けの後のアフターケアが重要?:chiefukuro.com:

「子供と、外に長い時間いたり、レジャーで出かけていったりして日焼けしてしまった。」そんなときの対処方法をご紹介します。

 

うちもさすがに孫たちには、飲む日焼け止めを飲ませるわけにはいきませんので、孫たちには日焼け後の対策をしなければなりません。

 

日焼けした後に1番重要なのは、冷やすことなんです。

 

日焼けは、要するに火傷と言うことです。

 

保冷剤などで冷やしたり、タオルを水で濡らして冷やすと言うのもいいですね。

 

また冷たいシャワーで体を冷やすと言うのもありでしょう。

 

とにかく、火傷と心得て、日焼けしてしまった部分を冷やしてあげることです。

 

特に女の子の場合は顔なんか日焼けしすぎると後々大変になってしまいます。

 

必ず、水分を多くとり、体の内側から、そして外側からも冷やしてあげるようにしましょう。

 

日焼けしてしまった後は皮膚に水分補給を

 

また、皮膚にも水分補給を行います。

 

刺激の弱い化粧水などで、優しく水分を含ませてあげるのが1番お勧めです。

 

前述の通りやけどと同様なので、パッティングをしてはいけません。

 

あくまでも水分を含ませてあげると言う意識で行うと良いでしょう。

 

日焼け後にいきなり美白コスメを使うのは絶対NG

 

また、美白のコスメ等もたくさんありますが、いきなり美白コスメを使うのはNGです。

 

焼けたから美白と思いがちですが、まずは肌が敏感になってしまってる状態なのでかぶれる恐れも出てきてしまいます。

 

刺激の少ない水分たっぷりの化粧品で、水を補ってあげるとよいでしょう。

 

日焼けしてしまった後のケアはきゅうりパックがおすすめ?

 

日焼けと言えば、きゅうりパックですよね?

 

テレビなどでも、きゅうりパックをしている女性をみた事がありませんか?

 

しかしながら、きゅうりパックは日焼け後に行うと良くない場合もあるということをご存知でしょうか?

 

さくら婆は、韓国に行った時にきゅうりパックをしてもらいすごく気持ちよかったのできゅうりパックをしたりします。

 

バンコクのエステでも、きゅうりパックをしましたよ。

 

タイでもキュウリパックはするんですね。

 

ただし、外に出かける前にきゅうりパックをしてしまったりすると、余計日焼けしやすい状態になってしまうのです。

 

きゅうりには、ソラレンと言う物質が含まれていて、太陽の光に当たってしまうとシミの原因になったり色素沈着を起こしてしまったりします。

 

そのため、きゅうりパックを行うなら、必ず夜に行うようにしましょう。

 

翌日炎天下の外に出ると言うときには、控えた方が良いですね。

 

さくら婆がお気に入りのきゅうりバックは、タイでやってもらったのですがきゅうりとトマトを顔に乗せ、蜂蜜とヨーグルトを上から塗ると言うパックでお肌がプルプルになりました。

 

さくら婆の年でもプルプルになるので、若い子たちはさらにプルプルになるはずですよ。

 

日焼け後の体の内側からのケアとは?

 

また、日焼けしてしまった後は、体の外からのケアも重要ですが体の内側からのケアもとても重要になってきます。

 

ビタミンCを多くとることによって、紫外線によって増えるメラニン色素の量を減らすことができます。

 

しみやそばかすなどを防いでくれる働きがあるのが、ビタミンCですね。

 

またビタミンEも同時に摂取することで、日焼け後のお肌の回復が早くなります。

 

積極的にビタミンEなども、摂っていきたいところですね。

 

ナッツ類等に多く含まれていますし、アボガドなどにも多く含まれています。

 

暑い国等でアボガドがよく食べられているのも納得いく理由ですね。

 

また、とっても重要になってくるのがベータカロチンです。

 

ベータカロチンには、活性酸素を減らしてくれると言う役割があります。

 

日焼けすると言う事は、イコールで活性酸素が増えてしまうということになります。

 

知らず知らずの内に増えてしまった活性酸素を、減らすことができるようになります。

 

ニンジンジュースなんかも最高にオススメですよ。

 

作るのがめんどくさいと言う方にはこちらのニンジンジュースが非常にお勧めです。

 

にんじん嫌いの人でも多いおいしいと飲めるニンジンジュースです。

 

実際に、うちの孫たちも人参は好んで食べませんが、ここのにんじんジュースは美味しいとよく飲みます。

 

価格だけみると高いと最初感じましたが、やはり体に良いものを積極的に摂っていきたいですからね。

 

日焼けをした後のアフターケアにもおすすめ

以上のように、日焼けしてしまったら、仕方がないのでケアをしていくことが重要になってきます。

 

日焼け後のケアをするかしないかで、その後のシミ等も全く変わってくるため、必ず日焼けしてしまったそんな時には自宅でケアをしていくようにしましょう。

 

2016年夏は、日本でも飲む日焼け止めも大ブレイクしています。

 

飲む日焼け止めで日焼けを抑えると言うのも1つの方法でしょう。

スポンサーリンク