さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

温湿布と冷湿布の使い分け方に目から鱗がたくさん落ちてしまった!

 

こんにちは、さくら婆です。

 

皆様は、温湿布と冷湿布の使い分けはされてますか!?

温湿布と冷湿布の使い分け方に目から鱗がたくさん落ちてしまった!:chiefukuro.com:

先日テレビを見てまして、温湿布と冷湿布の使い分けにの方法がご紹介されてました。

 

温湿布と冷湿布についてご紹介していきます。

 

湿布には温湿布と冷湿布があるの?

 

さくら婆は、最近岩盤浴に行ったり、アロママッサージやリンパマッサージ、足ツボマッサージ等をよく行っているため、昔のように肩こり等を感じることが少なくなりました。

 

仕事をしてた頃は、よく肩こりを感じて湿布を貼ったり、タイガーバームをぬったりといろいろと対策をしてましたよ。

 

でも、今は昔よりも健康になったからか、湿布のお世話になることもほとほとなくなりました。

 

我が家では、娘婿が肩こりに悩んでいてよく湿布を貼り付けてます。

 

先日も、湿布を何カ所もにも貼り連続して数日間貼っていたため、あまり肌が強い方じゃないのでかぶれてました。

 

一日だけなら良いのですが、何日も続けて貼るとかぶれるそうですね。肌が弱い人は大変です。

 

そんな湿布ですが、温湿布と冷湿布があるのをご存知でしょうか?

 

温湿布と冷湿布の使い分け方ってあるの?

 

そして、温湿布と冷湿布はどうやって使い分けをすれば良いのか、疑問に思った事はありませんか!?

 

先日テレビを見てまして、温湿布と冷湿布の違いについて目から鱗が何枚も落ちる出来事がありました。

 

さくら婆は、温湿布も冷湿布も両方使ったことがありますが、温湿布は貼ると暖かくて、冷湿布は貼ると冷たいですよね。

 

全くその通りですが、、、。

 

なんと、テレビに出演してたお医者様によると、冷湿布と温湿布はどちらも効果の差は無いそうです。

 

ただ単に、温度が違うだけとの事でした。

 

皮膚の温度を変えるのではなく、冷たく感じるか暖かく感じるかの違いだけなのだそうです。

 

温湿布と冷湿布は成分が違うだけなの?

温湿布と冷湿布の使い分け方に目から鱗がたくさん落ちてしまった!:chiefukuro.com:

冷シップには、メントールが温湿布よりも多く入っているため冷湿布は冷たく感じます。

 

温湿布の方には、唐辛子成分が入っているため、暖かく感じるんだそうです。

 

かなり驚きではありませんか!?

 

温湿布と冷シップが売られている理由

 

では、どうして2種類の湿布が販売されてるのでしょうか?

 

理由はなんと、使う側の好みに合わせて、冷たいもの、暖かいもので選べるだめだそうです。

 

これは驚きです。

 

世の中には知らないことってたくさんありますね。この話を、娘婿にするとかなり驚き言っていました。

 

いつもどっちにしようか、迷ってたそうです(^_^;)

 

なかなか面白い事を知ったので、友達たちにも話してみようと思ってます。

 

皆様は、温湿布と冷湿布はどちらがお好みですか?