さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

夏休みの宿題の読書感想文の書き方!?「小学校低学年はどう書く?」

 

こんにちは、さくら婆です。

夏休みの宿題の読書感想文の書き方!?「小学校低学年はどう書く?」

夏休みも中盤に差し掛かり、孫の宿題の手伝いが始まる季節になってきました。

 

読書感想文は、小学校低学年から書くものだったんですね。

 

普段本を読まないと読書感想文も大変?

 

普段あまり本を読まない孫たちが、ばあちゃん読書感想文書かなきゃと言ってきました。

 

上の孫は今現在小学校の低学年です。

 

娘に似て、あまり宿題なども一生懸命やるタイプではありません。

 

何の自慢にもなりませんね。

 

そんな孫が、読書感想文を書かなきゃいけないんだよばあちゃんと言ってきたのです。

 

読書感想文の宿題は小学校低学年から?

夏休みの宿題の読書感想文の書き方!?「小学校低学年はどう書く?」

桜庭が小学生だった頃の事はもうあまり覚えてませんが、小学校の低学年から読書感想文を書いていたかなと疑問に思ってます。

 

娘に聞くと、覚えてないけど小学校低学年からじゃないと言ってましたが。

 

どっちかと言うと、絵日記とかそんなものだったような気もします。

 

ちなみに孫は絵日記も書いてますが、毎日書かなきゃいけないのに、まとめて書いてるから何をしたか忘れちゃったと言ってます。

 

そして、誰に似たんだか食べ物の絵日記ばかり書いてます(^^;)

 

読書感想文の話に戻りますが、普段から本を読む癖をつけさせとかないと、今後読書感想文が書けなくなりそうですね。

 

小学校低学年の読書感想文の書き方って?

 

読書感想文の書き方を教えてと言われましたが、さくら婆はかなり悩んでます。

 

どうやって教えればいいんでしょうかね。

 

読書感想文なんて何十年も前の話ですし、教えてと言われても難しいところです。

 

この本を読んで何を思ったのと孫に聞いてみたところ、この本の主人公は馬鹿だねと言う返答しか返ってこなかったのでこれは一から鍛え直さなきゃいけないかと思ってるところです。

 

さて困りました。

 

8月はまだ長いので、いろいろと孫に教えなければいけません。

 

さくら婆も今年の夏は読書感想文の書き方の勉強でもしてみます。

 

そんなさくら婆も、ここ最近全く本を読んでいません。

 

もっと本を読む家に生まれていれば、孫たちもこんな読書感想文で困る事はなかったのでしょうか。

 

もちろん娘も、本はそんなに読んでませんね。

 

ただ、自由研究に関しては、自ら進んでやってたのでそっち方面は好きなようですね。

 

いまどきの小学生の自由研究もなかなか面白いものです。

 

皆様は孫たちの宿題を手伝ったりしますか。

 

さくら婆は、しばらくの間、こもって読書館小学校の低学年の読書感想文の書き方でも勉強してみます。

 

追記:小学校低学年の読書感想文の書き方

 

色々調べてみた所、本を読ませる時に絵が多めのものから読ませると良いみたいですね。

 

本を読むという事に慣れさせないとダメだという事です。

 

うちの孫は、ウルトラマン図鑑ならいつもみてたのですが、なにせウルトラマンの怪獣を覚えるのは得意ですが、文字の方はみていませんでしたから。

 

今時、珍しくウルトラマン派なのはパパがウルトラマン好きでウルトラマンの怪獣のフィギアなどを持っていたからなのです。

 

本を読むことにだんだんと慣れさせて行き、何を思ったのか、自分の考えを言えるように教育していきます。

 

そして、もし自分だったらどうする?という事を毎回聞いてみると良いみたいですよ。

 

まとめると、

 

  • その本を読んでどう思ったのか
  • もし、自分だったらどうするか

 

この二つが読書感想文に入っていると、とても良い読書感想文になるそうですね。

 

また、何でその本を読むことにしたのかも入っているとパーフェクトでしょう。

 

さくら婆も、この年になってなるほどと、色々勉強になりました。