さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

スポンサーリンク

【誰でも出来る家庭菜園】大葉の栽培始めませんか?【簡単手間いらず美味しい】

こんにちは。おばあちゃんの知恵袋のさくら婆です。

大葉の栽培 家庭菜園


今日は、簡単にできる大葉(青ジソ)の栽培をご紹介します。

 


というのも、スーパーで買う大葉って、農薬たっぷりなんですよ。


※もちろん、どこのスーパーでもという訳ではないのですが、


とても恐ろしいですよね。

 

 

大葉(青ジソ)栽培の始め方は?本当に簡単?

 


スーパーの大葉(青ジソ)と、自分で作った大葉(青ジソ)を食べ比べてみると、大葉ってこういう味だったんだ。


って事がわかります。

 

本当に味が違うんですっ。

 

善は急げ。

 

という事で、さっそくホームセンターで苗や種を買ってきてみてくださいね。

 

という訳で、

 

買ってきましたか?

 

大葉の苗やら大葉の種やらは。

 


さくら婆的には、初心者の方は大葉の苗からの栽培をお勧めします。

 

なぜなら、

 

もう苗の状態まで育ってるので、後は大葉の成長を待つだけだからです。

 

種からだと、種をまき、芽が出て間引きなどをして…

 

と、ちょっとだけ手間がかかっちゃうんです。

 


(簡単には違いありませんけどね)

 

大葉の栽培 家庭菜園

大葉の成長は?ズボラでも大葉は枯れない?

 

よくズボラすぎて、観葉植物も、サボテンまでも枯らしてしまう。という方を見かけます。

 

お恥ずかしい話、さくら婆もどちらかと言うと、若い頃はその手の類でした(-_-;)

 

最近は、色々栽培をしたりして、楽しんでますけどね。

 

大葉の場合は、基本的に水をあげてるだけで、毎日わんさか大葉が育ちます。

 

食べても食べても育ちます。

 

たまに、肥料をあげると、もっと育ちます。

 

大葉の収穫は、若い葉っぱから収穫して食べるといいですよ。

 

若い葉っぱは、柔らかくて毛が生えてる葉っぱです。

 

ズボラさんでも、よほどの事が無い限り大葉は枯れないので、家庭菜園第一号としていかがでしょうか?

 

夏と言えば大葉が体に良い理由とは?


大葉の旬は、夏です。


夏が旬という事は、夏に食べると体にとって良いものという事になります。

 

大葉は、殺菌作用があるため、食中毒防止、夏バテなどにも効果があるんですよ。


また、癌の抑制効果があり、更にアレルギーの改善にも効果があると発表されました。

 

大葉に含まれる、ロズマリン酸は、


・血糖値上昇を抑える効果
血液サラサラ効果
・体脂肪を下げる効果

大葉の栽培 家庭菜園

 

があるのです。


まさに、さくら婆さんにぴったりなのが大葉だったという訳で、毎年育ててますよ。大葉様は。

 

更に、まだあるのです。

 

大葉から取ったシソ油には、リノレン酸という物質が入ってて、リノレン酸は「若返り効果」があるんですよ。


お肌プルプルですよ?

 

今、エゴマ油が話題ですね。

 

シソ油も、エゴマ油の仲間なのです。

 

エゴマはシソ科ですからね。

 

 


さて、今年の夏はシソ栽培に決まりですね。

 

さくら婆は、もう既に今年の大葉栽培始めてます。

 

プランターでも、大葉栽培は可能なので、アパート暮らしの方でも問題ありません。

 

 

大葉栽培の準備は、お済ですか?

スポンサーリンク