さくらおばあちゃんの知恵袋

さくらおばあちゃんの知恵袋です。世の中の気になる話題、ニュースからの考察など、さくらおばあちゃんなりに考えたこと、さくらおばあちゃんの知恵を公開します。毎日を快適に、楽しく、スッキリ、幸せに生きませんか?ちょっとしたコツで、毎日の生活が楽しくなりますよ。

2016年の防災の日はいつ!?防災の日にするべきこととは?

 

こんにちは、さくら婆です。

2016年の防災の日はいつ!?防災の日にするべきこととは?

2016年の防災の日が近づいてきましたね。

 

毎年9月1日は防災の日です。なんで9月1日は防災の日なのでしょうか?

 

防災の日にするべき事についてご紹介していきます。

 

毎年9月1日は防災の日

 

毎年9月1日は防災の日に制定されています。

 

なんで9月1日は防災の日なのかと言うと、1923年9月1日に関東大震災が起きたからです。

 

毎年防災に対する意識を高めるために、この日を防災の日にしようとされたんですね。

 

日本では、様々な震災が起こります。

 

地震のみならず、火山が噴火したり、竜巻が起こったりもここ最近しますよね。

 

洪水が起きたりもすることもあれば、いろいろな災害が起こる国だと知られています。

 

そのため、明日は我が身だとわきまえて、色々と防災が起きたとき、何かしらが起きたときのために慌てないために準備しておく必要があります。

 

防災の日は何をする日なの?

2016年の防災の日はいつ!?防災の日にするべきこととは?

昔から、防災の日近辺にはいろいろなイベントが行われてました。

 

さくら婆が一番印象深いのが、地震を体験できる車です。

 

ものすごい揺れを体験したときに、当時まだ小さかった娘が泣き出したのを覚えています。

 

近所の大きな公園で行われていたイベントでした。

 

学校などでも避難訓練が行われたり、大きめの公園でも消防車を呼んで火災の訓練が行われたりします。

 

日本においては、9月1日の防災の日はとても重要な日なんですね。

 

毎年防災の日には防災グッズの確認を

 

防災の日には、防災グッズの確認もしなければなりません。

 

ここ最近これだけ天災が起きているため、防災グッズをきちんと用意している方もかなり多いことでしょう。

 

防災グッズは、ただ単に用意しているだけでは意味がありません。

 

どういうことかというと、準備するだけではなく枕元などすぐに持って逃げられるように準備しておく必要もあるのです。

 

外に出しておくのはなんとなく見た目もあまり良くないし物を外に出しっぱなしにするのも嫌だと言う方もいるかもしれません。

 

でもこれだけは話は別です。

 

いつでも持ち出せるように外に出しておくことが重要です。

 

また、定期的に中身を確認するのも必要です。

 

賞味期限があるものなどは、定期的に巡回させ腐る前に食べてしまう必要があります。

 

毎年9月1日に防災グッズの入れ替え作業行うのも良いですね。

 

もちろんもっと賞味期限が短いものは、早めに食べたり処分したりする必要があります。

 

防災グッズはリュック付きのものを購入するのもあり?

 

防災グッズは、自分で準備することもできますし、準備するのがめんどくさいと言う方はセットになってるリュック付の防災グッズを購入するのも良いでしょう。

 

購入したらまず、中身何が入ってるのかを確認するべきです。

 

足りないものは追加するべきだからです。

 

その方その方によってどうしても必要なものは異なります。

 

防災が起きたときに慌てないためにも、9月1日近辺には、防災グッズの確認などをしておくと良いでしょう。

 

また、家族で避難場所の確認をしたり、防災が起きたときにはどうするのか話し合っておくことも重要ですね。